Hamachi, Kampachi, Hiramasa

ハマチ、カンパチ、ヒラマサ

So called Hamachi (Yellowtail) is called in many names depending on how big it is although it is exactly same fish. Mojako (baby), Inada or Hamachi(young), Warasa or Mejiro (young adult) and finally Buri (adults). However, Hamachi means farmed Yellowtail and other names are for wild variety due to widely successful farming.

Kampachi (Amberjack) and Hiramasa (Kingfish) are different species but very closely related. The former is farmed in Hawaii and Mexico. The later is farmed in Australia.

ハマチは実はブリの別名です。 ブリはその成長過程で様々な名前で呼ばれ、稚魚ではモジャコ、成長してイナダまたはハマチ、さらに成長してワラサまたはメジロ、そして大人になってブリと呼ばれます。 ただ近年養殖が大成功したことから、成長過程に関係なく、養殖のブリをハマチと呼ぶことが一般化しています。

またハマチに近い魚として、カンパチ、ヒラマサがあり、前者は日本の他、ハワイ、メキシコ、後者はオーストラリアで養殖されています。

 
 
Hamachi.png

Hamachi

It is so popular that Hamachi is now a English word. Allmost all Hamachi in the US is farm raised. Quality of farmed Hamachi has been vastly improved because of advancement of farming techniques. It is so much so price of farmed Hamachi sometimes is higher than wild one in Japan.

アメリカで流通しているハマチはほとんど養殖ですが、養殖技術の進化によって、その品質は一昔前とは格段の違いがあります。事実日本では養殖ハマチの値段が時によっては天然のハマチを上回ることがあるほどです。

 
Kampachi.png

kampachi

Kampachi is not as fatty as Hamachi but its meat is firmer. Many fish aficionado actually prefer Kampachi.

カンパチはハマチほど脂はのっていませんが、締まった肉質にほどよい脂ののりは、愛好家も多く、「通」の間ではより好まれます。

 
Hiramasa.png

hiramasa

Hiramasa lives in warmer water than Hamachi. As such, it is not as fatty. Hiramasa is not farmed in Japan.

ヒラマサはハマチより暖かい水域にせ生息する魚で、そのため脂ののりも薄めです。日本では養殖されていないので、アメリカでは馴染みが薄い魚でもあります。